株価の変動に対応する為に

株の売買は一瞬が勝負!株価の変動に対応できていれば一山と言わず二山も三山も当てられちゃいます。そこでどうやって株価の変動に対応していけば良いのか当サイトを参考にしてみてください。

PTS株価レーティングは日経と為替に左右されやすい

株価は日中以外にも夜間帯はPTS株価で変動することがあります。
日中と夜間なら相場の動き方にも違いがあり、やはり日中なら他の銘柄を見たり、国内情報からもリアルタイムに情報が出るなど、相場の値動きを読みやすいことが多いですが、夜間帯はPTS株価を読むのが難しくなります。
このPTS株価レーティングというのは別に日中でも取引することが出来ますが、ほぼ約定することが出来ません。
夜間帯はPTS株価レーティングでなければ取引出来ないので、このレーティングは夜間帯の方が変動しやすいことが多いです。
夜間帯の場合は日経平均や為替によってレーティングが変動しやすいので覚えておくと便利です。
日経平均は夜間でも日経先物が動いていることで参考にすることが出来ますし、為替は1日中稼働しています。
特に為替の影響は銘柄によっては直接的な要因となってくるのでしっかりと見ておきたいところです。
日経の採用銘柄の場合は日経が本当に重要です。
国内時間の夕方ごろからどこかの企業が何かの情報を出したりすることがありますが、そんな時でもPTS株価レーティングは大きく変動することがあるので、根本的な情報源はしっかりと抑えておくことも非常に重要です。
また、PTS株価レーティングは日中の場合、実際の相場と乖離が出ていることが多いので、下値で指しておくことで運が良ければ安く購入できることがあります。
瞬間的にまとまった売りが出ることも十分にありえるので、ポジションを持ちたい時は一応指しておく方が良いと言えます。
このように日中と夜間帯ではPTS株価レーティングの変動の仕方に違いがあることを覚えておき、何を見て相場を読むのか相関性などを知っておきたいところです。

【¥】株を始めたばかりならまずはここ
株初心者のための株式投資入門ガイドはこちら
【¥】仕手株狙いならこのサイト
今すぐ仕手株の最新情報をチェック