株の売買は一瞬が勝負!株価の変動に対応できていれば一山と言わず二山も三山も当てられちゃいます。そこでどうやって株価の変動に対応していけば良いのか当サイトを参考にしてみてください。

アキレスやミクシィは古川組等でも株価動かしづらい

古川組のような暴力団というのは株取引でも、利益をあげることは少なくありません。
それでは古川組のような暴力団が全うな株取引で利益をあげるのかというと、そうとは限らずやはり古川組などの暴力団は正攻法とは違った方法で株で利益をあげることが多いものとなっています。

その方法というのは仕手株とインサイダー取引で、仕手株は自ら相場を操縦して株価を吊り上げる方法であり、インサイダー取引は株価が動く情報を秘密裏に仕入れてそれで有利に取引をする手法となります。
それでは暴力団でも株価を動かしづらい銘柄というのはどのようなものがあるかというと、東証一部のアキレスのような銘柄やミクシィのように時価総額も大きく参加者も多い銘柄となります。

アキレスは東証一部に上場しているだけに、注目度も高く時価総額もそれなりにあるためいくら暴力団の資金力といっても簡単に株価を動かすことができるわけではないため、アキレスのような銘柄というのはそれほど仕手株として選ばれるものではありません。
ミクシィに関してはマザーズ市場でありながら、こちらも時価総額が非常に大きなものとなっていてこのクラスになると相当大きな機関投資家であっても簡単の株価を操作することができるものではないため、ミクシィのような企業の株価を暴力団が動かすのは難しいものとなっています。

しかし、インサイダー取引に関しては可能となっていますが、これらの企業というのは注目度なども高く不正が行われればすぐに見つかりやすいものであるため、インサイダー取引をしようとしてもそれはそれで難しいものとなっているだけに、投資をする立場からすれば公正な取引をしやすいという利点のある銘柄となっています。